リハビリナース

YouTube Preview Image

 

回復リハビリにおけるナースの役割

  • 常に患者様のことを観察し、異常に早く気付く。
  • 観察したことを常にアセスメントする。
  • 患者様の目標を明確にし、目標が達成できるよう計画を立て、実践する。
  • 患者様・ご家族様共に自宅退院に向けて、早期から在宅をイメージした関わりをする。
  • 患者様の精神的サポートをする。

 

当院病棟では・・・

当院の回復リハビリ病棟では、患者様への質の高い看護サービスを目指すため、病棟に回復期リハビリ看護師を配置しております。

 

回復期リハ看護師とは・・

当院が加盟する回復期リハビリテーション病棟協会では、会員病院に所属している看護師を対象として、回復期リハビリテーション病棟(回復期リハ病棟)において「回復期リハサービスの対象者及びその家族に対する質の高い看護の提供」、「回復期リハ病棟における個人、集団、組織に対するリスクマネジメント」、「回復期リハサービスにおける多職種との協働とチームアプローチの実践」などの活動を行うことのできる看護師を育成しており、「回復期リハ看護師」として認定を設けております。

「回復期リハ看護師」として協議会が認定した看護師は、平成23 年4 月時点で322 名の方が全国で活躍しております。
また、回復期リハビリテーション病棟協会の各種研修会の中においても、研修を通じて情報交換や交流など、回復期リハ看護師同志のネットワークは広がっております。

 

回復期リハ看護師認定コースカリキュラムとは・・・

  • 回復期リハ病棟の役割と将来像
  • 生活の機能の評価と看護の視点ワークショップ
  • 高次脳機能障害の理解と看護
  • 医療保険制度・介護保険制度の動向とリハ
  • 人体のメカニズム(含演習)
  • コミュニケーション障害
  • 家庭復帰の考え方と社会制度の活用
  • 人体のメカニズムとテクノエイド
  • 排泄障害の理解と看護
  • 障害への反応と回復過程
  • 脳血管疾患の理解
  • スキンケア
  • 看護とリハビリテーションの考え方
  • 急性期における脳血管疾患の看護
  • リーダーシップ論
  • QOLの考え方と評価
  • リハビリテーションとチームアプローチ
  • 障害者と社会制度
  • 生活の再構築と自立支援
  • 回復期リハ対象の骨関節系疾患の理解
  • 安全と抑制
  • 運動学の基礎
  • 回復期リハ対象の骨関節系疾患患者の看護
  • 家庭復帰のための住環境整備
  • 身体機能の考え方と評価・ADLの評価
  • 呼吸器系疾患とリハ
  • 医療施設における療養環境整備
  • 精神機能の考え方と評価
  • 倫理的課題の捉え方とアプローチ
  • 家族関係・家族状況の理解
  • 脊髄損傷の理解
  • 高齢者の理解
  • 家族機能の考え方と評価
  • 脊髄損傷患者の看護
  • 継続看護と地域連携
  • 人間関係論・対人関係の構築
  • 全身管理とリスクマネジメント
  • 認知症の理解と看護
  • 抑うつの理解と看護
  • 廃用症候群の理解
  • 摂食嚥下障害
  • 教育的関わりコーチング論
  • 廃用症候群の予防と看護
  • 口腔ケア
  • コンサルテーション論

 看護部教育研修

院 内
◆ 学研ナーシングサポート
◆ 神奈川県看護協会教育研修A~D群
◆ 本部事務局研修
院 外
◆ 回復期リハビリテーション病棟協会
* 全職種研修会
* 看護・介護研修会
* リスクマネージメント研修会
* 回復期リハビリテーション病棟師長研修会

 

医療関係者の皆様へ 求人募集 よくあるご質問 お問い合わせ