家庭訪問

YouTube Preview Image

 

退院後、ご自宅にて生活をするにあたって気をつけなければならないことは、家屋状況が安全で住みやすい状況にあるのかどうかがとても重要となります。病気や怪我により退院後も障害や動作能力低下が残ってしまう場合、今まで暮らしていたご自宅ですら住みにくくなってしまうことは大いに考えられます。その問題を解決するために、実際に当院セラピストが中心となりご自宅へ訪問し、ご自宅で生活をする際に予測される家屋内外の問題、屋外へ出ての動線の問題、各種サービスの問題などをご本人・ご家族・ケアマネジャーなどと一緒に検討し、退院後安全で住みやすい環境へ改善していけるようアドバイスをさせていただいています。

上記の動画では家庭訪問を行い、その方の安全で住みやすい環境へ調整したことで、ガーデニングをしやすい環境になり、引きこもり・閉じこもりを未然に防ぐ事が出来ました。また、住宅改修後にご自宅へ訪問し、退院後にどういった生活をしていくのか、更に問題となる箇所があるのかどうかを検討していくこともしています。

 

 

これら家庭訪問は患者様・ご家族の同意のもの実施ししますので、強制ではなく、また必要に応じて実施いたします。

 

 

 

医療関係者の皆様へ 求人募集 よくあるご質問 お問い合わせ